一般社団法人日本アイスマニア協会

お知らせ

冬アイスの日

2016年10月07日| カテゴリ:お知らせ, ニュースリリース, 協会からのお知らせ

報道関係者各位

このたび、一般社団法人 日本アイスマニア協会、(港区 代表理事:アイスマン福留)は、11月15日を「冬アイスの日」と制定いたしましたことを発表いたします。

近年、”アイスクリームは夏に食べるもの”という概念も変わりつつあり、一年を通じて楽しめるようになりました。夏の時期は、かき氷系をはじめ、さっぱりとしたシャーベット系の商品が好まれる傾向がありますが、これからの寒い冬の時期にはあたたかい部屋で食べるアイスクリームが人気になります。

たとえば、乳脂肪分の高い濃厚なクリーム系チョコレートフレーバーはもちろん、ミルク分の強い濃厚な冬向けのカップかき氷といったものまで登場します。そんな濃厚なアイスをゆっくりと味わえるこの冬の時期こそ、真のアイス好き(アイスマニア)にとっては大変嬉しい季節なのです。

「冬アイス」をブームから文化へ

昨年(2015年)は、マスメディアの影響もあり、「冬アイス」という言葉が非常に多く使われました。過去に例を見ないほど寒い時期にアイスクリームが売れ、冬でもアイスを食べている人が多いということが証明され、同時にそれが多くの人に認知された記念すべき年となりました。

そこで、わたしたち日本アイスマニア協会は、”いちアイス大好き団体”として、この「冬アイス」の盛り上がりを一過性のブームとして終わらせることなく、日本特有の文化に育てあげていきたいと考えました。

寒い冬にもアイスクリームを楽しむ人が増えれば、食べているわたしたちが幸せな気持ちになることはもちろん、アイスクリームの業界も元気になり、今後益々バラエティに富んだおいしいアイスが生まれ、わたしたちを取り巻くアイスクリーム環境もより充実し、きっと楽しいものになるでしょう。

わたしたちは、老若男女誰もが大好きな「キング・オブ・スイーツ」であるアイスクリームが、人々の笑顔を増やし、世の中を明るく、元気にするものだと強く信じております。

毎年11月15日は、冬アイスの日

11月15日を冬アイスの日に制定した理由

11月は「立冬」を迎える月であり、冬アイスが続々登場しはじめる時期でもあります。そして、我が国の法律「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」にて定められているアイスクリームの成分規格における”乳固形分15.0%以上”という数字から15という数字(日にち)を選びました。

「冬アイス」を象徴するのは、アイスクリーム類のなかでも乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれている濃厚な「アイスクリーム」のイメージが強いことから。

寒い時期でもアイスクリームを楽しむ人をもっと増やしていきたい!という想いと願いを込めて、誠に勝手ながら11月15日を「冬アイスの日」と制定し、今後毎年冬アイスの普及に努めていきたいと考えております。

全国のアイスマニアの皆さま、未来の楽しいアイスクリームライフのためにも、何卒”冬アイス”の普及にご協力をいただければ幸いです。

※冬アイスとは、”冬に食べることを前提に作られたアイスクリーム”のこと。

冬アイスの日

ご賛同いただいたかたは、ハッシュタグ #冬アイスの日 、または #冬アイス にて、”冬に食べたいアイス”をtweetしていただき、一緒に冬のアイスを盛り上げていただけたら嬉しく思います。

未来の我らのおいしいアイスクリームライフのためにも是非ともご協力をお願いします!

 

“ENJOY!冬アイス!”

 

2017年「冬アイスの日」記念!イチオシ冬無料配布イベント概要

一般社団法人日本アイスマニア協会 代表理事 : アイスマン福留

日本アイスマニア協会 に関するツイート